実用民族誌学101/Practical Ethnography 101 – Ryan Barkataki

実用民族誌学101
(大学の基礎的な入門講義にこの「101」がつくことが多いです)

こんにちは!
UXTalkTokyoのライアンと申します。この記事で、私の過去10年間の民族誌学の経験について得た教訓を共有したいと思います。新商品の開発に役立つような情報が見つかりますように。

事前準備
最初のヒントはすごく簡単です。
あいにく民族誌学を始める前に、多くのリサーチャーは同じ間違いを繰り返しています。
あなたの民族誌学セッションの前に、この質問を自分に問うべし。

  • このリサーチ案件の質問は何ですか?
  • 民族誌学の代わりに、なぜ他の方法を使わないのですか?
  • 誰にインタビューしますか?
  • 誰の行動を観察しますか?
  • 場所はどこですか?
  • 何時から何時までその場所を利用できますか?
  • 他に技術的な問題や、軽視できない条件などがありますか?
  • 誰がリサーチのリーダーですか?
  • トラブルが発生した場合、どうしますか?
  • 予備候補の日がありますか?

おそらくセッションを行う前に「これらを自分に問うことは多すぎる!」と感じると思います。しかし、もしこれらをきちんと準備すれば、リサーチの結果は良くなるでしょう。

記録装置を準備してください!
セッションは手早く済ませたいです。スマホは、あなたのカメラとボイスレコーダーです。いつもスマホを持ち歩きましょう。

カメラについて
カメラは、ミニ三脚とセットで。スマホで動画を撮ったら、速やかにクラウドにアップロード。

PCについて
ノートパソコンが適しています。ピクチャインピクチャ(PIP)のソフトは不可欠。Windowsだと、おすすめのPIPソフトは「Morae」です。Macの場合は、Silverback。ディスクスペースは、最低750GBからを推奨します。

メモについて
私の場合は、よくiPadでメモを書きます。アプリのおすすめは、SoundNote。
録音しながら、入力、描画したメモを追跡できるため、大切なことを忘れる心配がありません。メモを読み返しながら、SoundNoteをタップすると、録音ファイル内でメモを取った時間に移動します。ユーザーが手書きをしたいときに備えて、鉛筆と紙も用意しておきます。

充電器と電源ケーブルも忘れないで!それと併せて、予備のスマホも持っていましょう。電気機器は、破損する可能性があります。セッションを電気屋さんで行うのであれば問題ありませんが、だいたいセッションを行う場所は遠いです。

場所を下見する
だいたいセッションを行うときには、実際の場所にアクセスできません。
そのため、実際の場所の間取りや寸法をセッションの前に知っているとすごく便利です。

  • 休息所がありますか?
  • 収納は?
  • インタービューの部屋はどこ?

実際の場所とレイアウトが似ているところにアクセスできたら、とても便利ですね。

役になりきる
イギリス人のアクター、アンソニー・ホプキンスの引用に私の好きなものがあります。
ある映画で、ホプキンスのキャラクターは執事です。ホプキンスは、執事の役を演じる際にこう言いました。
「私が部屋にいると、人の気配がなくなるように演じたい」
※執事は、他者に気配を感じさせないように演じます
これは、民族誌学の場合にも当てはまります。

服装
セッションの中以外では普段のスタイルでOK。しかし、セッションを行うときは、新しい環境に適応する能力が大切です!例えば、私は4年前に病院の民族誌学をしましたが、病院の環境に溶け込むために看護師の制服を着ましたが、すぐに慣れました。
それとは逆に、ユーザーの自宅に行くときは、普段と同じ服装をします。スーツなど、かしこまった服装で訪問すると、ユーザーはハラハラと緊張するでしょう。

善行
あなたは周りの人より目立たないでください。できるだけ静かに、注意深く観察し、ユーザーの行動を中断させないようにしましょう。ユーザーの行動を時間とともに記録し、あとで動画を見ながらその時の行動について聞きましょう。

ユーザーのことをじっと見つめると、彼らは不快に感じます。だから、カメラのモニター映像を見たり、鏡や窓に映ったユーザーをよく観察し、自然に動作させましょう。観察者の私たちがいることで、ユーザーの行動に不自然な動きや変化があったら、その民族誌学は失敗です。

勉強する
ユーザーが専門分野の仕事をしている場合、セッションの前にその専門用語を勉強しておきましょう。インタービューの際に、専門用語の意味をいちいち質問していたら時間切れになります。本当にその場で質問すべきかどうか考えましょう。インタビュー後に誰か質問するのでもよいでしょう。

ペアで活動します
2人のリサーチャーで行ないましょう。ひとりはメモを取ります。このセッションで全てが完結するようにお互いにサポートし、セッション後に結果の議論をします。インタービューの際は、インタビューワーが自然な会話ができるように、もう一人がメモを取るといいでしょう。キーボードのタイピングの音が気にならないiPadがあるとなお良いです。

観察用のカメラはいる?いらない?
「観察用のカメラを設置し、他の部屋で確認してもいいですか?」と、私は多くのリサーチャーによく聞かれます。
その答えは「はい」とも「いいえ」とも言えます。
リモートからの観察は、もちろん便利です。しかし、実際に問題なのは、そのカメラをどこに設置するのか、ネットワークの準備、電池、そしておそらく設置する部屋にも問題があるでしょう。ユーザーが動くなどして、セッションで重要な箇所がカメラに映らなくなることもあります。同じ部屋にいる場合は、カメラの位置を調整したりして、融通が利きます。

バックアップコピー! バックアップコピー!バックアップコピー!
ユーザーがいつでも民族誌学の場所にアクセスできる場合はいいですが、セッションのチャンスは一度だけです。データを取得したら、素早くバックアップ。クラウドが一番良いですが、暗号化されたUSBもありです。セッションが終わったら気を抜かずに、用心すべし。他の人が、データを盗むかもしれませんよ。

僕のTipsは、これで終了!
他に良いヒントはありますか?何かあれば、コメントに書いてください!

ありがとうございます!

Practical Ethnography 101.
By Ryan Barkataki

Hi, it’s Ryan from UX Talk Tokyo. In this article, I want to talk about some of the things I have learnt whilst performing ethnographic research in a variety of situations over the last 10 years and hopefully you will find it useful too.

Prepare well in advance
A very simple one to start off here, but the lack of preparation leading to a UX Ethnography session is something I sadly see too much. Make sure you have asked yourselves these questions beforehand:

  • What is our research question?
  • What is the reason that we are using an ethnographic research method instead of another method?
  • Who will we need to interview?
  • Who will we need to observe?
  • Where will the location be?
  • What time will we be allowed to work there?
  • Are there any other practical considerations to take into account?
  • Who will lead?
  • How will we handle unexpected issues?
  • Do we have a backup day/interviewee?

These may seem very detailed for a beginning of a user research session, but the more work you do beforehand, the better your session will run.
Sort out all your recording equipment
You need to be incredibly agile during a session. At the very least you should always carry a phone or digital recorder that you can use either as a camera, a dictaphone and a quick note taker.

Camera – Make sure you have a small foldable tripod with an adjustable head to angle wherever you need it. A smartphone with a good camera camera is always good to use, as you can instantly save videos and photos to cloud based solutions.
PC – A notebook with a lot of free hard disk space and screen recording software with PIP for user interview sessions is essential. For Windows, I recommend Morae, for Mac, I strongly recommend Silverback.
Notes – I use an iPad for all of my note taking, using the app SoundNote; an amazing two-in-one piece of software that allows you to take notes whilst recording the audio. As note taking can be tough when recording, the software allows you to tap a word in the text to jump to that piece of audio. Also, bring loose notebooks and pencils so that users can write if necessary.

Have backups, chargers and spares of everything you can get your hands on! I guarantee, a device will fail at the last minute and you could be too far from being able to easily get a replacement.

Canvas the Location
Even if you can’t start work in your desired location yet, try to see it beforehand to understand the layout. Is there anywhere you can hide to take notes, do short interviews, sit down, etc. Is there anywhere you can store your equipment when not in use? If you can’t get access to the exact place before your session, is there anywhere with a similar layout where you can do some preparation? It could save time later.

Act the Part
There is a quote that I love from the actor Anthony Hopkins. When he was playing a butler in the film, “The Remains of the Day”, he mentioned that a butler told him that “the room should be emptier with you in it”. I like to apply this to ethnographical situations.

Dress – It’s fine to dress how you feel comfortable in the comfort of your own office, but sometimes, you need to adjust to your environment. What do other people wear in that environment and can you copy it closely. e.g. I worked in the field of medical research for four years and got used to wearing hospital orderly outfits, in order to blend into the background. Conversely, if you are interviewing someone in the home, they are more likely to feel threatened and tested if you are dressed in a suit, while they are casual.

Conduct – Remember, you don’t want to stand out or make users feel they are being watched. Be quiet and observant as possible and never interrupt a user in the flow of something. Instead, timestamp the moment, get the video from your device and talk about it later. Sometimes users can sense you are watching them directly. Deflect this by looking through a camera monitor (or smartphone screen) and always try to use reflections in a window or a mirror to observe processes. The less users feel someone is watching them, the more naturally they will act.

If the user changes their behaviour as a result of you being there, your ethnography session has failed. If someone asks you a direct question, of course, answer honestly, but always put the onus on the user to provide explanations.

Study – If you are working in an area that users will be using technical terms or words that are not everyday vocabulary, you need to learn those beforehand. If you are continually asking what certain things mean, you will run out of time before you know it. If something you don’t know is bought up once, decide whether it is worth asking there and then, or whether you can ask someone else later.

Work in Pairs, Ideally
Working in pairs takes the strain from having to observe and take notes, but also allows you to support each other in terms of making sure everything is covered in the session. When interviewing, it is great if your partner is taking notes while you focus on the interview, allowing a more natural conversation and maintain eye contact. If you are good at typing on a tablet, I’d recommend that over a laptop to avoid any keyboard noise, but a decent silent keyboard cover will also work.

To CCTV or not CCTV?
I often get asked whether, for observation, whether it is worth setting up cameras and viewing the users in a remote location. Well, the answers are “yes and no”. Having a remote location can allow you to track multiple points, but you have the practical aspects of setting up such a camera, which requires a separate location for viewing and a network to send and receive data. Also, if a user does something out of view of a camera, it is far more difficult to understand what happened. In a room, you can adjust your own cameras, timestamp notes and potentially, if an appropriate situation allows it, ask questions to a user on site.

Backup, Backup, Backup!
Unless you are very lucky to have access to your location 24/7, you have one shot to get this all right and once you are out of there, you are relying on your memory, your notes and your recordings to get you through the session. From the moment you have your data, back it up, ideally on site to the cloud or through whatever you have in your lab. Pretend your data will be stolen the second you leave your location and you will find yourself being cautious with your data.

Well, that’s it for my tips! Does anyone have any others? Please leave them in the comments and let’s get a discussion going.

Continue Reading